養老保険の損金ってなに?


養老保険で損金が2分の1になる保険があるのを知っていますか?
全部が全部2分の1になるというわけではないのですが、
保険料の半分だけでも損金となれば節税対策にもなるので便利に感じている人がたくさんいます。

2分の1が損金になる養老保険は主に法人向けのものになっています。
契約者は法人、被保険者が役員、従業員といったものが法人向けの養老保険になるのですが、
こういったものの多くは保険料の半分が損金になります。

中には全額損金扱いとなるものもあるようですが、
こういったものは全て経営者や役員じゃないと加入できないような物ばかりですので
従業員という立場である場合はそんなに関係ありません。

スポンサードリンク

そもそも何故養老保険の保険料の半分が損金になると節税効果となるのかというと、
損金扱いされると税務上の損金として扱われます。
会計上であれば認められなくても税務上認められればその分税金の支払いが少なくなるのです。

これに対して損金と認められない場合は課税所得が多いと判断されるので
実際に費用としてお金を払っていたとしても多くの税金を払わないといけなくなります。
なので、多くの人は損金に算入された方が得と感じ、節税対策にもなるのです。



【節税効果の最新記事】
posted by 養老保険 at | 節税効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。