生存保険金付養老保険はどれくらいの税金がかかるのか


生存保険金付養老保険を利用している人もたくさんいると思いますが、
満期時にはいろいろと税金がかかってしまうものですよね。
なのでこの税金について悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

満期時には一体どれくらいの額を税金として納めなければならないのか、
税金は必ず払わないといけないのかなど、いろいろと疑問に思うことは多くあります。

生存保険金付養老保険でも満期時保険金を受け取ると税金が発生してしまいます。
ですが、これは全員が必ず払わないといけないわけではありません。
場合によっては税金を一銭も払わなくていいので気になる人は計算してみるといいですよ。

スポンサードリンク

計算方法は以下のようになっています。
まず満期時保険金の総額から払い込んだ保険料を差し引きます。
そしてその後更に差し引いた金額から特別控除額である50万円を引いて金額を出します。

この金額が課税対象になるのではなく、支払うのはさらに2分の1にした額です。
ちょっとややこしくて面倒かもしれませんが、
この計算方法でどれくらい税金として支払う必要があるのかが分かります。

計算した結果、特別控除額を差し引いた時点で数字が0になるのであれば
税金を支払う必要はありません。

これは簡保の生存保険金付養老保険だけではなく全ての養老保険で言える事ですので、
気になる人は是非やってみてください。



posted by 養老保険 at | いろんな保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。