掛け捨ての死亡保険は損じゃないの?


万が一の時のために死亡保険に加入しようかと思っている人も少なくは無いかと思います。
死亡保険と一言で言ってもタイプや種類はたくさんあるので
選ぶのは大変ですが、死亡保険の中には掛け捨てタイプのものがありますよね。
とても便利だと感じることもありますが、この掛け捨てタイプは損にはならないのでしょうか?

死亡保険の掛け捨てタイプは一般的なものとは違って満期保険金も解約返戻金もありません。
文字通りの掛け捨てなので保険金を受け取らない限りは今まで支払った保険料が返ってきません。
保険金を受け取ればある程度返ってくるのですが、
利用することがないのであれば損になると感じる人も多くいます。

スポンサードリンク

利用することがないと何の意味もなく、保険料が無駄だと感じることもありますが
その分保険料もかなり安くなっているので人によってはそこまで損にはなりません。
また、その他の保険の場合は解約するとデメリットが発生します。

例えば解約返戻金や満期金が減るといったことですね。
場合によってはかなりのデメリットになりますが、掛け捨ての死亡保険の場合は
いつでも解約できますし解約したことによるデメリットも無いので損することはないです。

デメリットのこと考えると解約を渋ってしまうことがありますが、
掛け捨ての死亡保険であれば損することも無いのでサッと別の保険に切りかえることができます。



posted by 養老保険 at | 死亡保障や保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。