一時払い養老保険の満期保険金にも税金がかかるのか?


保険の中でも、戻り率が高いことから人気を集めているのが「一時払い養老保険」。
しかし、この保険についてしっかり理解しておかないとせっかく加入したにも関わらず損をする恐れがあるのです。

例えば、一時払い養老保険の満期時保険金は課税対象となります。
税金がかからないだろうと思っていると思わぬところでマイナスになることもありますので注意が必要です。

他にも受取人の関係で一時払い養老保険に贈与税が発生する場合があるので、この点についても注意が必要です。
スポンサードリンク

一時払い養老保険に贈与税が発生する場合には、保険金の受取人が契約者でない場合がそれに当たります。
ややこしいと感じるかもしれませんが、重要なことですので受取人が契約者以外を想定しているのであれば、そうした点も計算しておく必要があります。

一方で、満期保険金受取人が契約者本人であれば、契約者の一時所得という扱いになります。
ただこの場合でも一定の条件を越えた場合に限り課税対象となることがありますので併せて確認しておきましょう。

また、一時払い養老保険が課税対象となる場合、税金の支払いをしなければなりません。
確定申告で支払うことになりますが、これを放置しておくと追徴税を支払うことになりますので、きちんと税金は納めるようにしましょう。


posted by GUEST at | いろんな保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。