確定申告と一時払い養老保険


一時払い養老保険に加入している人は確定申告とのお付き合いがあるので
確定申告をしなければならない時は放置したりせずにきちんと行くようにしましょう。

一時払い養老保険で確定申告をしないといけないのは2つあります。
一つは生命保険料控除です。
この控除を受けるには確定申告をしたり年末調整の時にきちんと手続きをしないと
控除を受けることができないので注意してください。

もちろん、必要無いのであれば行う必要はありませんよ。

もう一つは満期時保険金、または解約返戻金などを受け取った時です。
保険金を受け取った際は一時所得とみなされるのでしっかりと税金を払わないといけません。

続きを読む
posted by 養老保険 at | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一時払い養老保険の満期保険金にも税金がかかる


一時払い養老保険の満期保険金を何に使おうか楽しみながら悩んでいる人も多くいますが、
全額きっちり受け取ることができない場合もあるので
良く計算してから使い道を決めるようにしてみてください。

一時払い養老保険の満期時保険金には税金がかからないと思っている人もいるかもしれませんが、
実際は場合によっては税金を支払わなければならいので注意しましょう。

もし契約者が満期保険金受取人になっているのであれば一時所得という扱いになります。
ただこれは必ずしも支払わないといけないというわけではありません。
一定の条件を超えてしまった場合に必要となるものですので計算してみてください。

続きを読む
posted by 養老保険 at | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

普通養老保険で確定申告が必要になるケースとは


普通養老保険に加入したのであれば確定申告してみるようにしてください。
普通養老保険は毎年生命保険料控除を受けることができるようになります。

支払っている保険料の額によって控除額は変わってきますが、
毎年受けられるものですし、控除を受けているか受けていないかによって大きく変わってしまうので
少しでも負担を軽くしたいのであれば是非確定申告に行くようにしましょう。

確定申告をする時は必要になる書類などがあるので、必ず忘れないように用意しておくようにしてください。
控除を受ける時は証明書などが必要になるかと思いますが、
これらの書類は必ず送られてきているはずですので一度確認してみてください。
無かった場合は問い合わせると保険会社から送ってくれますよ。

続きを読む
posted by 養老保険 at | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郵便局の養老保険で確定申告が必要なものとは


郵便局の養老保険も生命保険料控除の対象に入っているので
加入しているのであれば確定申告の際に手続きを行うようにしてください。

郵便局であっても他の保険会社であっても養老保険に加入しているのでしたら控除の対象となっています。
ですが、手続きをしない場合はどんなに対象であったとしても控除されませんので、
勝手に控除されるだろうと勘違いしないようにしましょう。

生命保険料控除では所得税などの税金が控除されるようになります。
支払っている保険料によってどのくらい控除されるのかは違うので、
気になる人は計算式などを検索してみるといいかもしれません。

続きを読む
posted by 養老保険 at | 確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。